種類を知って優先度を決めよう

男性作業員

家のリフォームにはさまざまな種類がありますので優先度を決めましょう。時間とお金が限りなくあるなら別ですが、単に家が古くなったからと言って、すべてに手を入れられるわけではありません。もちろん一番気になるのは予算面ですが、メンテナンスをする内容が決まらなければ予算組みもできませんので、まずは家族全員で話し合い優先度を決定しましょう。候補に挙がりやすいのは水廻りで、キッチンやトイレ、風呂などをリフォームをするプランです。ほかにも内装や外装リフォームがあり、床の張替えから備え付け家具の改築までさまざまな種類があります。外装は屋根や塗装、外構や庭などのリフォームがありますが、これらは大規模工事になりやすいので予算の確保が重要です。

トイレ交換の基礎知識

部屋

リフォームで一番優先度が高くなりやすいのがトイレの交換です。トイレには組み合わせ型やタンク一体型などがありますが、近年ではタンクのない型も人気が上昇してきました。組み合わせ型はタンクと便器が別々なのでどちらかが壊れても修理がしやすくメンテナンスが容易です。タンク一体型はタンクと便器が一つになっていて、空間がスッキリできるのがメリットです。タンクレスは圧迫感がなく、狭いトイレには適しています。洗浄方式にもいろいろあり、選び出すとなかなか時間がかかるでしょう。トイレ全体を交換するリフォームでは、トイレ本体の購入費用と設置工事費、そして古いトイレの処分費用が内訳となります。グレードによっても相場は変わりますが、予算としてはだいたい30~40万円程度でしょう。

リノベーションとはどう違うのか

リフォーム

リフォームには明確な定義があるわけではないので、近年耳にするようになったリノベーションとの違いはあってないようなものです。ただ、多くの場合、老朽化した家の設備をもとの新しい状態に近づける修繕がリフォームであり、まったく新しい状態を構築するのがリノベーションという棲み分けが徐々にできてきました。新築のときに戻すのがリフォーム、新築以上の性能をあらたに加えるのがリノベーションとなりますので、リノベーションのほうが工事費用も跳ね上がることになります。前述の例で言えば、トイレの位置自体を移動したり、数を増減したりする場合はリノベーションの域になります。それでも和式から様式に丸ごと挿げ替えるような工事であればかなり大規模になる場合もありますので、前述の予算では間に合わないこともあるでしょう。リフォームにはさまざまな施工がありますので、目的を定めて予算を明確にすることで、業者とも綿密な打ち合わせができるようになります。

広告募集中